カードローンの審査を申し込むときに気になるのが年収です。カードローンの審査をする上で特に重要視されるのが年収という項目でしょう。もちろんその他の部分も考慮して審査は行われますが、それでも返済能力があるかどうかで重要になってくるのが年収です。年収はいくらくらいあれば、問題なくカードローンを利用することが出来るのでしょうか。

明確な希望年収は記載されない

カードローン会社は年収がいくらあれば審査に受かる、という明確な記載はありません。これは審査基準が年収だけでは決まらないからです。 たとえば年収がそこまで高くなくても勤続年数が長い方や信頼の出来る大手企業に勤めている方であれば審査に受かる可能性があります。逆に年収が多くても、個人事業主の人、勤続年数が短い人、他社からの借り入れ金額が多い人であれば審査に落ちてしまう可能性があります。そのため年収だけで審査は決まらないのです。

しかし、一般的には年収は150万円から200万円ほどあれば審査に受かる可能性はあります。これはあくまでギリギリのラインです。このくらいの年収があれば、審査に受かるカードローンがあるというだけです。年収が多く他社からの借り入れがなく勤続年数の長い人のほうがずっと受かりやすいです。もしカードローンに申し込みをするときは、最低でも年収は200万円ほどあったほうが受かる可能性があるということだけ覚えておきましょう。

カードローン申込みで年収を高く書いたらばれるのか

ここで気になるのが年収の偽りです。カードローンに必ず受かりたいからといって嘘の年収を書いてしまってはばれてしまいます。ここで注意をしたいのは、年収が低いことよりも、審査の書類で嘘を書いたほうが落ちる可能性があるということです。

ある程度の借り入れを希望するときは後から収入証明書の提出を求められます。収入証明書を提出すれば、記載した年収が嘘だったことがばれてしまうでしょう。 嘘をつく相手は信頼が出来ない相手なのでその時点で審査に落ちてしまう可能性があるので注意をしてください。

たとえ年収がそこまで高くなくても、しっかりとした固定の収入がある人であれば、無理のない金額の借り入れが可能です。万が一審査に落ちたときは、アルバイトやフリーターでも受け入れをしてくれるカードローン会社を探してみてください。アルバイトの方でも借り入れが出来るカードローン会社であれば、審査が比較的緩いので通りやすいでしょう。