お金に困ったときに借りる方法として代表的なカードローンですが、どのような利点や不利な点があるサービスなのか。よくわからずに使うよりも、しっかりと理解して使うことで柔軟な対応ができるようになります。

カードローンのメリットとデメリット

カードローンは機械を使っての手続きでお金を借りられるので、素早くお金が借りられるというメリットがあります。審査にかかる時間も短縮されているので、その日のうちにお金を借りられることも珍しくはありません。すべてのカードローン業者が対応しているわけではありませんが、急な出費で現金が必要になった際はカードローンを選ぶ理由はここにあります。

業者によっては提携ATMの数も多く、全国どこにいてもすぐにお金を借りられることがカードローンのメリットと言えます。しかも無担保・無保証人で借りられるので、とても優秀なサービスです。しかし、そんなカードローンもメリットばかりとは限りません。

担保や保証人が必要なサービスに比べると、カードローンは金利が高くなっています。カードローン会社側としても一定のリスクを背負っており、企業として利益を出すために設定されているものですが、ほかのお金を借りられるサービスに比べて出費が大きくなります。

ほかにも審査を受けると個人情報信用機関に履歴が残ることや、使い方次第では長期返済になってしまうこともあるので注意が必要です。

カードローンは便利でメリットの多いお金の借り方ですが、使い方を誤ると大きなトラブルの原因になることもあるので注意をしてください。