カードローンを利用するときには審査を受ける必要があります。この審査ではさまざまな情報がチェックされ、これを元にその人へお金を貸しても良いのかどうかが判断されます。そしてこの仕組みの中には、法律による規制を受けている部分もあるのです。

年収の1/3を超える借り入れはできない

カードローンを利用すればお金を借りることはできますが、そこには限度額が設定されています。いくら返済する意志があるからといっても、その人の収入や生活によって限界があり、お金を貸す側もこれ以上は無理だと判断するからです。

しかしこの判断はあくまでもカードローン会社がするものなので、しっかりと機能しているとは限りません。そこで、これ以上はお金を借りられない線引きとして、総量規制という仕組みが出てきます。

総量規制は、多重債務者になることを防ぐために作られたもので、貸金業法に含まれています。簡単に説明をすると、年収の1/3を超える借り入れはできないというものです。

この仕組みのポイントは、一社だけではなく複数社での利用でも共通した額になっているところにあります。その人の年収が300万円なら、総量規制では100万円まで借りられることになります。これはA社で100万円、B社で100万円というわけではなく、A社とB社で合わせて100万円までです。 しっかりと切り詰めた生活をしているから返済には問題ないと主張をしても、カードローンでは総量規制を超える額のお金を借りられません。